« 鍛える必要あり | トップページ | あの日の記憶 »

2007年3月13日 (火)

彼の中に無いシャンパンカラー

日曜日。

ここ最近の日曜は当然のように4月末の式に向けての準備に費やしています。

一昨日はバーニーズに引き出物を見に行き、その後は引き菓子を探しに三越へ。

そして最後にドレスショップへと足を運びました。

私はおたふくのときに自動的に決定してしまったドレスの採寸(本当は違うドレスにしたいよー)

彼はスーツ?を決定すべく向かいました。

彼の希望としては 「白はヤダ!」

と、コレだけは決まっていました。

そしてなるべくオーソドックスな色合いと形のもの。。。黒のジャケットにグレーのパンツ、そしてグレーか黒のベスト、というのが第一希望でした。

それがどうでしょう。その希望は伝えてあったものの、黒でサイズがあうものが残念ながら全て予約が入っていました。。。

そこで、シャンパンカラーのものと、グレーのものを着てみましたが、

不思議なことに意外にもシャンパンカラーのものがとってもよく似合ってる!

あまり大袈裟ではないデザインもよく、顔色にも合い、

本当に良く似合っていたのです!

...でも彼はつれない表情。。

どうやら納得できない様子。。。

でも黒はないし、グレーはテカテカでおかしい。。。

それでは自動的にこのシャンパンカラーに。。。。。。

でもでもイヤダ!   と彼。

結局、取り寄せをしてもらうことになりました。

そしてその為に係る費用、プラス5,6万。。。

よく「サーフィンとかしてるんですか?それともゴルフ?」

とたずねられる程に日焼けした肌が板についてしまった彼。

私は絶対にベージュ系のあのシャンパンカラーが似合っていると思うのにな。。。

|

« 鍛える必要あり | トップページ | あの日の記憶 »

コメント

あばたさんへ

男らしさ、
これは男性として生きている人には
ぜひぜひ兼ね揃えておいて欲しい要素の一つですよねぇ。
彼の場合はこだわりでもあり、へりくつでもあり。。。
こういうつまらないところを気にするあたりが、私たちは似た者同士かもしれません(苦笑)
ただ、彼の場合は友達からの影響というものが、かなりの範囲で心の中を占め固めている、という事実が私としてはあまり好ましく思えないのですが。。。。。^^;

投稿: なつ | 2007年3月14日 (水) 18:55

なつさん、こんにちは♪
彼にも一生に一度のこと、小さな頃からイメージしていたものがあるのかもしれないですね。
そういう、こだわりを持った人って好きだな~。1本筋が通ってるっていうか男らしいと思います。
なつさん、幸せですよ(^^)

投稿: あばた | 2007年3月13日 (火) 20:35

シャンパンカラーって響きいいね♪
明るく華やかそうなベージュなのかなぁ?
まぁイメージは私達もあるから大目にみるしかないかぁ^^;
一生に一度だしね!
そういえば結婚講座は順調にクリア?
ホントもうすぐだね~
すごーく楽しみ
その分なつは大忙しだね(*^^*)

私は何を着ていこう~
今から悩み中

投稿: nori | 2007年3月13日 (火) 17:17

noriちゃんへ

シャンパンカラーというと、ちょっと素敵な響きだけど、ようはベージュって感じ。
黒はかしこまって堅苦しい感じだったから、
ベージュのほうがリラックスムードで
肌にも合っていて良かったんだけど。。。
やっぱり自分で思い描いていたイメージを優先したいみたい。。。

主役は私ー!
とは思わないけど、でもまさか余分な費用を掛けてまで取り寄せを希望するとは思っていなかったから驚いちゃった。
ま、これもあとで全部彼に請求するけどね^^;

ドレス選びはショップの方のアドバイスももちろん大切だけど、何よりも私たちの意見をよく聞いてくれて、ゆったりといろいろなものを選ばせてくれるお店がいちばんいいよね。
それなりに人気があると、いつも混んでいるし、私の本当に着たいドレスの希望をきちんと聞いてもらえなかったような気がしてしまうな。。。

投稿: なつ | 2007年3月13日 (火) 15:23

うーん
やっぱ男の人もうるさいよね!
主役は女性なのに!!!
うちのダーリンだけではないんだねー
(うちはまだだけど乙女だから)
ピピもかなりこだわりが強いね^^;

シャンパンカラーが似合うって
ちょっとびっくり~
想像がつかないよー
すごーく見たかったなぁ
お取り寄せにかかる料金も高いんだねー
それにさらに驚き
そのお金かけるならなつのドレスにーって
思ってしまった^^

投稿: nori | 2007年3月13日 (火) 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍛える必要あり | トップページ | あの日の記憶 »