« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

部屋作り

最近、

年頃ということもあって、同世代のお友達や知り合いがみんな新築、購入ラッシュです。

普通一般的にローンは35年で組むのかな。

私たちも35年ローンでマイホーム所有者になるとしたら、一体いくつになるまで働けばいいのかー・・・

と考え始めたら、妙に焦り始めました。

繰り上げ返済をするにしても、早いうちに行動したほうが良さそうだなぁ。

ところで

今の仮住まいも、もう少し快適な空間にしたいなぁ、と思い

いろいろと構想を練っています。

「両親のもの」という感覚が今まで強かったので、家にはほとんど手を加えてませんでしたが

ひとまず今はわたしたちのお家になったので、新婚らしいお家にしてみたいものです。。

先日の日曜日は、注文していた絨毯が出来上がったので引き取りに行ってきました。

それをリビングに敷き詰めて、いま私のベッドルームにあるソファーをその場所に運ぼうかと思っていますが、何しろソファーが大きすぎて自分たちで運ぶのが困難!

購入した業者さんに確認したら、3階から2階に下ろすだけで2万円かかるらしいのですが

外吊りで移動しなくてはならないので、やはりプロにお願いをしました。

照明も変えたいなーと考え中。

快適な空間を作り上げたいなぁ。

| | コメント (4)

2007年5月23日 (水)

乙女ちっく

昨日は外部の審査員が来て、ISOの定期審査がありました。

朝からピリピリとした緊張感があって、まったく落ち着かなかったな。

そんな中、会社にお届けものが。

大きな箱にはFour Seasons Hotelの文字が。

でも宛名は、私の父宛。

??と思ったものの開けてみると、もう遠い過去に追いやられてしまった感のある、結婚式のときのアルバムが。

ちょっぴりドキドキしながら開いてみると、既に懐かしいあの日の記憶が。。。

どれもこれも私はヘンテコな笑顔で、もう少し、花嫁を演じることに努力すればよかったー!

と、少し後悔。。。

でも、「○○な雰囲気にしてみてください~」、「○○のポーズをしてみてください~」

と言われると、どうも緊張しちゃって出来なくなってしまって。

笑顔の練習も、式前にもっとがんばればよかったー!!

なつかしのあの日。↓

Cid_01070523161726_____d903i_1 おとめな図。。。

| | コメント (4)

とうとう

久し振りの更新。

相変わらず、猛スピードで日々が過ぎていきます。

でも、その間にも楽しいことやムカッとすることは多々ありまして。。。

日記代わりのブログなので、覚書の意味を含めて極力更新したいと思っているのになかなか。。。

ところで、

昨日は彼が熱を出し、落ち着かないままに夜が過ぎていきました。

熱を出した原因は、カーペットの上で寝てしまうことにあります。

まったく、何度言ったら分かるんだかっ。

絶対に風邪を引くよ!と、いつも言っていたのに。。

お薬と睡眠のお陰で今日は落ち着いたようだけど、また同じことをしたら看病してあげないもんねーだ。

でも、彼が熱を出すと夕食の準備がお粥とスープ等で済むので、その点では少し楽でもありました(苦笑)

うなされている姿は可哀相なので、ま、風邪をひかないように十分に自分で留意していただきましょう。

| | コメント (1)

2007年5月17日 (木)

彼という人

お待たせしました。

結果報告です。

何の???と、思われた方いらっしゃいますか?

はい、そうです。そうですよー

「昨晩の夕食について」です。

結果から言いますと、

先日の約束は、完全に忘れられていましたっ(怒)

もしくは、完全に忘れてしまったフリをしていました!

「今日の夕食は何にするの?」と彼に聞いてみると、「え?なに?」と言わんばかりの表情の彼。

たしか、しょうが焼きを作るような話をしていたので、

昨日は朝おうちを出る前に、彼の好きなOisixの館ケ森高原豚を冷凍庫から冷蔵庫に移しておいたのに!!

かなりカチンときましたが、

解凍した豚さんで、私が夕食を準備し

食事の時に、夫婦間での約束事は大切ですよ、というお話しをつらつらとしてみました。

彼は、「わかぁった、わかぁったよ~」と言って笑っていましたが

あの笑いは、何もわかっちゃいないのを さらにアピールされているような気もしました。。。

彼はもともとお調子者で、その場限りの返答というのをポンポンと調子よく返してくるタイプの人。

私とは全く違うタイプなので、どんどん都合の悪いことは忘れて行き、

都合のいいことだけを更に肉付けをして、もっと都合のいいこととして頭にインプットしていることが多々あり、

私も結構驚かされます。。

昨日の夕食については ちょっと期待していたので残念でした。

**************************

お母さんに、「結婚したのだから、何でもしてあげなくちゃダメよ。」と先日言われた私。

奥さんとは、大変な職業ですね。。。

| | コメント (4)

2007年5月15日 (火)

癒しの時

863 最近、小鳥を飼いはじめました。

私がまだ小学生の低学年だった頃もセキセイインコを飼っていましたが、ある日気付くと籠の蓋が開いていて、インコちゃんの姿も消え去っていました。。。

ショックだったなぁ。

その点、この子はとっても良い子にしてくれています。

蓋を開けても、きちんとそこに佇んでいてくれる♪

籠の下のゼンマイを巻くと、軽快にピヨピヨと唄声をきかせてくれたりします。

862

861

そうそう、ひつじさんも一緒に暮らしています。

あまり大きくなくて可愛いヒツジさん。

IKEAでは家具や食器類だけでなく、

ひつじまで扱われています。

モコモコでかわいい。。。

ちなみに草は食べません。

インコさんもヒツジさんも私を癒してくれます。

そして、肌を癒してくれるのが コチラ↓ ヒツジさんに紹介してもらいましょう。

860 Kiehl’s と Aesop のスキンケア製品。

Aesopは香りもいいので、とっても癒されます♪

いずれも学生の頃に使っていた製品ですが、ここ一年くらい、この二つに復活しました。

彼が眠ってしまったあとの癒しの時間♪

| | コメント (2)

クローバー ○二期倶楽部にて○

845_1 たくさん見つけました

四葉のクローバーを。

GWに訪れた二期倶楽部のお庭で次々と。

スタッフの方にも

「こんなにたくさん見つけたお客様は初めてですよ」

と言われ、私はかなり上機嫌でした♪

どうか、このクローバーが私に訪れる幸せの数でありますように

と都合のいいことを考えてみたり。フフフ・・・

今回の二期倶楽部も、とってもマッタリと楽しんできました。

GWということもあり、ファミリーでの滞在の方がとても多く

私も子供たちに混ざって楽しんだ感があります^^

前々からキャンセル待ちをしていたアロマトリートメント。

結局キャンセルが出なかったために

前回と同じリフレクソロジーのみを彼と二人で受けてきました。

本当は全身のトリートメントを受けたかったのですが、足のマッサージだけでもかなり夢心地。

非日常を味わえるのはすてき。

スパも前回同様に誰もいないところを独り占めできて、とっても快適でした。

宿泊は今回もコンランデザインの東館でしたが、夕食はホテルの方が配慮してくれたので

本館のラ・ブリーズにて。

東館のガーデンレストランも素敵ですが、私はこちらのラ・ブリーズのほうが断然好きです。

天井が高く、テラスに面したテーブルは、日が暮れていく空の様子や

辺りが暗くなってからは 窓に映る灯りがとても素敵で

自然と楽しい夕食の時間を過ごすことができました。

彼もビールは避けて、シャンパンとワインを一緒に楽しんでくれたので

いつものオネムを避けることができました。エライ!

今回の滞在で心残りだったのが、お夜食としてお部屋にもってきてくれる

おいなりさんを食べることができなかったこと。。。

10時過ぎに持ってきてくださったときには、まだ夕食を終えて間もなかったので

あとで・・・

と思っていたのに、うっかりしてしまいました。

食い意地が張っている私としては、とんだ失態でした。。

あーまた行きたいなー

今回はお庭に不思議なオブジェが。。。

夜は灯りがともるのかとおもっていたら、そんな仕掛けは一切ナシ

きっと、あえていびつな形に作り上げるのは大変なのでしょうね。

でもなんだろう。これは一体何をあらわしているのかな。

とても世界的に著名な方の作品だそうです。

826 827_1  ん?な、なんだろう???

830

夕食後、満腹でお腹を抱えながらお部屋に戻ったのでした。

暗闇に浮かぶ太い足。。。陸上部だったのでお許しを。。。。。839

| | コメント (5)

2007年5月14日 (月)

タイムテーブル

彼と一緒に暮らし始めて2週間が経ちました。

それまでも週末には一緒に過ごしていたものの、毎日となると今までの生活のリズムが崩れ・・・

私はちょっぴりカリカリ。。

私は今まで、仕事を終えて会社を出るのが一番最後でした。

書類を片付けて、会社を片付けて、茶器類を片付けて帰る

これが私のパターン。

次の日の朝に、会社のキッチンに汚れ物があるのがイヤなのです。

なので、どうしても一番最後。

今までは21時や22時が普通でしたが、彼と住み始めてからは20時には帰れるように努力中です。

私よりも仕事が早く終わる彼。私も大急ぎで片付けて帰らなくては!

お家に帰ると まず彼はお風呂に入り

私は夕食の準備に取り掛かる。

今までは自分のごはんだけを準備すればよかったので、食べるものも野菜中心だったから用意は簡単でしたが、彼の分も作るとなるとそうもいきません。

彼がお風呂から出て、ビールを一杯飲み終えるまでにテーブルにお料理を。

そして一緒に「いただきます」

ダラダラと食べ終わると 彼はもうオネムです。

カーペットに移動し、テレビを見ているフリをしながら眠りに落ちます。

食器を片付けてから、私はしばし紅茶な休息。

そして、お風呂に入ってお洗濯に取り掛かる。

洗濯機がまわっている間、私はナショナルのイオンスチーマーで癒しのひとときを。

洗濯物を室内に干し、本を読んだり雑誌を見たりしているうちに時間がダーっと過ぎていき

慌てて彼を起こしてベッドへ。

朝は携帯の目覚ましで目を覚まし、彼の朝食を用意しながらお弁当を作る。

天気がよければ外に洗濯物を干す。

彼が起きたら あたたかい紅茶を。

お弁当が出来ると彼はお家を先に出ます。

そのあとは、掃除機を掛けて、ベッドを直して、おトイレを掃除して

私も身支度をして時計が7時をまわると会社へー・・・

************************************

それまでの、自分ひとりの生活とは時間の使い方にかなりの変化が出て

私はちょっぴりイライラ。。。

生活のリズムが結婚生活になれるまで気を長く持たないと

私は常にイライラ星人になってしまいそう。

もっと日々を楽しまないと~

| | コメント (6)

2007年5月10日 (木)

駆け足の一日 終わり

812 会食後、家族を送り出してからはー

お楽しみのお友達とのパーティー♪

私はドレスを着替えるために再度可愛い二人組みのヘアメイクさんのもとへ。

彼はその日プレゼントされたホテルのお部屋へ。

披露宴や挙式をホテルでしたときには、宿泊を無料でプレゼントしてくれる、というところがウレシイ♪

きっと、宴会料に一晩の宿泊料くらい加算されているかもしれませんが。。。

私がお部屋に戻ると、彼は既に準備完了で、かなりリラックスモード。

でも彼は肝心なものの準備は全くしていません(その日のパーティーの費用等・・・)。

私は少しいらっとしながら準備をしていると、初めて目の前にたくさんのお花があることに気がつきました。

結婚式のことを知って、お花を贈ってくださった知人がいたのです。そしてホテルからシャンパンのプレゼントも。

うれしいな♪ありがとうございました。

時間があまり無く、焦って準備をしていると 携帯に姉からの着信。

「お父さんの車が明治通りで止まっちゃって動かないのー!」

そうです。この日不調だった父の車が、とうとう力尽きて止まってしまいました。

しかも交差点で。。。

慌てて損保会社に連絡し、ロードアシストサービスの手配をお願いしました。

そして連絡をとってから30分近くでレッカー車が来てくれたらしく、無事に?両親と姉家族がお家へと帰っていったようです。。。。。考えてみれば4年前の姉の結婚式のときも、帰りは途中で車が止まってしまい、たしかレッカーされたような。。。(苦笑) 普段は絶好調で走る車ですが、なぜか結婚式に弱いようです。不思議・・・

さて、私たちも慌ててホテルを出て南青山へ。

やっとお友達とゆっくり会えるのかと思うと、とっても嬉しくて私もかなり舞い上がった気分になっていました。

お店に到着するとみんながクラッカーを鳴らして迎え入れてくれて

「わぁ~!幸せ~」と、その時素直にそう思いました。嬉しかったなぁ。。みんなが揃って私たちを祝福してくれるなんて、本当に幸せです。ありがとう~

あの日来てくれた皆さん。席割りが満足のいくようにできなくて、ごめんね。みんな楽しめたかな。

私はみんなとやっとお話しができて、とても楽しかった。

adding:blueのお料理もかなり充実していて、確か5皿のお料理+パン、デザート、コーヒーがあって

女の子たちには好評をいただきました♪ヨカッタ!

ただし、男の子たちは途中からお酒がすすみすぎて、大酔っ払い大会へ。。。。

泥酔状態の男の子が、私のお友達にかなり絡んでサイテーな事件もありました。。。

Mカちゃん、本当にごめんね。。。

そしてお店の人も、パーティーの始まりの時にシャンパンを私の友達にこぼしてしまう、という粗相もあり、私のお友達にはたくさんご迷惑をお掛けしてしまいました。。。本当に本当にごめんね。

パーティーの途中には彼と私が長年お世話になっている美容師さんが、仕事を終えてからお花を持って駆けつけてくれるという、とても素敵なサプライズも。   とても人情味溢れる方だといつも思っていましたが、まさかこんなに嬉しいことをしてくれるだなんて!!!ますますカッコイイ!オトナ!

私もさることながら、彼がかなり喜んでいました♪

途中ちょっとしたイベントごとをやり、そして彼と私の大親友からご挨拶をいただくことができて

結婚ってイイコトなんだ

と思うことができました。

長く、でも掻い摘んで、4月30日のことを振り返ってみました。

あの日の私はとっても元気いっぱいだったな。それはみんなが居てくれたからだと思います。

愛するお友達と家族に心から ありがとう を

| | コメント (2)

2007年5月 8日 (火)

駆け足の一日  3

732

←(式前日のライカの様子。彼はホテルが大好きでまるで大人な気分になっています(笑))

親族のみの会食は、とってもスローなムードで過ぎていきました。

みんな好き勝手に歩いたり、話をしたり。

お料理もたくさん食べていただけたと思いますが、司会を立てなかったこともあって、ちょっぴり締まりの無い感じになっていたかもしれません。。。でも、家族だけの集まりなので、そんな雰囲気でもいいかなー・・・と。

その日は私の姉の誕生日だったこともあり、姉への(一応)サプライズのプレゼントと、彼のお婆さまへのお花のプレゼント、そして私から両親への手紙、というイベント?をやる予定でしたが、最後の「両親への手紙」がどうしても書けず、その場で思い浮かんだ言葉を短く

私の両親と、彼のご両親に伝えました。

数枚の便箋に両親への想いをまとめることが 私にはどうしてもできなくて

当日を迎えるまで毎晩徹夜で考えて、そしてその言葉たちや思い出を連ねてみましたが

やっぱり手紙という形は私には無理でした。。

これからも毎日会社で会うし、お昼はお母さんの手料理が食べられる。

私はそんな幸せな状況を これからも続けていくことができます。

母が涙をこぼしていて、私も知らず知らずと涙がこぼれてしまいました。

私は、本当に溢れるほどの愛情に包まれて暮らしてきました。

きちんとした言葉で両親に感謝の気持ちを伝えることができませんでしたが、二人の子供として命を授かったことは私にとってとても素晴らしいバックグラウンドであり、生きる力の糧となっています。

二人に与えてもらった人生を大切にしていきたいと、その日改めて思いました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そうそう、会食の途中にピアノと弦楽器の三重奏のミニコンサートをやっていただいたのですが

これはもう素晴らしく良かったです。

もう少し聴きたいくらいに素敵な音色で 私としては大満足♪

甥のライカが大好きなサウンド オブ ミュージックのドレミのうたも演奏してくれて、ライカも少しは喜んでくれたかな??

お料理は、私は満足に食べることができませんでしたが、皿数も味もとても良かったと思います。美味しかったですよ♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

数日前に喧嘩をしてしまった父と私。

でも 親子の絆は、深くてあたたかいものですね。

義兄も、前日からのお泊りには参加してくれなかったものの

当日には姿を見せてくれました。

よかったです。。。ありがとうございました。

会食の最後に両親へ花束をプレゼントしました。

そのとき、私の母もさることながら 彼のお母さんがポロポロボロボロ涙をたくさんこぼしていて

私がきちんと彼を大切にしなければ、という責任感を感じました。。。

これから二人で歩む未来がどんなものになるのか分かりませんが、

とにかく お互いの両親にいらぬ心配を掛けずに過ごせるようがんばりたいと思います。

| | コメント (4)

駆け足の一日  2

式を終えてからもう一週間が経ちました。

早いなぁ。。。

既に大昔の出来事のような気さえします。

記憶が薄れてしまう前に、

私の大切な思い出のつづりとして残しておかないと

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前回書いたように、式当日はとても楽しい気分で幕を開けました。

ヘアメイクのお二人には、本当に感謝の気持ちで一杯です♪

ヘアメイクの途中で彼がホテルに到着し、顔合わせをしたのですが

彼の表情はやや緊張気味(笑)

彼の緊張感とは裏腹に、私はリラックスしすぎなくらいに穏やかな心境でした。

慌しくドレスを着用し花嫁が出来上がると、いち早く出来上がっていた花婿とご対面です。

彼はやはり緊張した面持ち。プププ

気付くともうカテドラルへ向かわなくてはいけない時間に近づいていて

心は慌てて、動きは慣れないドレスのおかげでスローに

階下のロビーへと向かいました。

そしてここで問題が発生・・・

父の車でカテドラルまで向かう予定だったので、10時前にロビーで待ち合わせをしたのに

父の姿がありません(汗)。もちろん玄関に車もありません(大汗)。

介添えの方がかなり焦って探し回ってくれたのですが、そんなこととは知らずに父は何処へやら。

お父さんどこなの~???

父はちょっとしたカーマニアで、古い車を集めています。

ホテルから目の前にあるカテドラルまでの移動を、私たちは車でしなければいけません。

ハイヤーを頼むと、短距離短時間にもかかわらず6000円くらいかかるようだったので、

ここはカーマニな父の出番です。

愛車をだしてもらったわけですが、古いだけに調子が悪くて・・・(苦笑)

前日からホテルの駐車場で何度もブルンブルンとエンジンをかけて調子を見ていましたが

当日の朝はどうやらバッテリーが上がってしまったようで、隣にとめておいた私の車とケーブルを繋ぐというハプニングがありました。

もしかしたら、またもやエンジンがかからないのかも・・・

そんな不安をよそに、10分経過した頃に父が孫のライカとともにリラックスムードで登場。

父は単純に時間を間違えていた様子(苦笑)・・・

父も苦笑いしながら慌てて車をまわしてくれ、晴れて私たちはカテドラルへと向かったわけです。

ちょっと前途多難な感じじゃないの。。。?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カテドラル到着すると、彼と私の大親友の二人がすでにそこに居て

厚化粧なわたしは、かなり照れてしまいました。

でも、ウーちゃんの笑顔で、なぜか安心したのは不思議だったな♪

K藤さんも彼の姿を見て、ニヤッとせずにはいられなかったことでしょう。

簡単なリハーサルを済ませてから、すぐに本番を迎えたわけですが

私はドレスの内側のチュールを何度も踏んでしまい、お父さんと歩きながらも何度も転びそうに。。。

かなりヒヤヒヤしながら歩きました。

本番前は「泣いてしまうかなぁ」と思いましたが、かなりドレスの裾に気を取られていたのでまったく涙を流さずに歩くことができてヨカッタヨカッタ。

司祭さまの前に座り、お話しを伺っている際も心はどこか上の空で

自分の式を挙げているという実感が何故か湧かない私。

指輪の交換も、誓いの言葉を読むことも

難なく終え、結婚証明書にサインをする際もサラッと終わり

「こんなんでいいのか?!」と思うほどに緊張感とは無縁でしたが

ふと気付くと

ウーちゃんがサインをしてくれている際に、

え?泣いているではないですか!!!

そしてそれに気付くと同時に、私もダーッと栓をきったように目から涙がこぼれてきて

おまけに鼻水もダラダラダラーっと洪水のように流れてきて、もう大変です!(大笑)

ハンカチで慌てて鼻水と涙を拭こうとしたら、慌てすぎでハンカチを落としてしまう始末。

しかもそのハンカチはドレスの裾の中に隠れてしまい、私のこの鼻水は一体どうしたらいいの???!

という程でした。。。

もう仕方が無いので手で拭いて、思いっきり横になびいてしまいました(泣)

お友達や親族との楽しい写真撮影のあとは、また父の車でホテルに戻ったのですが

ホテルに入る手前でガードマンに意味も無く一度止められてしまったら、

それを機に今度はクラッチが滑ってギアが入らなくなり、前に進まなくなってしまい

もう大慌て!ブレーキから足を離すと、バックしていってしまいます。

何度クラッチを踏んでもギアが入らず、ガードマンの方と彼の親族に車を押してもらい、

勢いがついたところで、やっとクラッチが効き、冷や汗をかきながら玄関前に到着することができました。

ドタバタ劇をやっているようで、もうみんな大笑いするしかない状況。

そんなこんなで30分遅れての家族の会食へ。。。

| | コメント (0)

2007年5月 2日 (水)

駆け足の一日  1

798 お友達から、リモージュ焼きのとても素敵なライトをいただきました。

ウェディングのモチーフがとても可愛い!

アロマキャンドルも利用できるし、

電球もついているので、スイッチオンでも使える優れものです。

しかも、電球もキャンドルの炎のようにゆらゆらとして

とても素敵!

とても嬉しいサプライズのプレゼントでした。

ウーちゃん、noriちゃん、そして金沢で結婚式を挙げたりえちゃん、ありがとう。

4月30日。

式当日はとってもいいお天気に恵まれました。

寝坊したらマズイ~

という緊張感からか、前日は一時間おきに目が覚めてしまい、

5時に起きて、少しずつ準備を始めました。

前日からホテルに宿泊していましたが、隣のお部屋の母からも5時には電話がかかってきました。

やっぱり眠れなかったのかな(笑)

私の家族は、仕事柄か職場から遠く離れたところへ家族全員で旅に出るよりも

緊急時に、すぐに職場に行かれるところへ宿泊をすることが昔から多く、

都内のホテルにもたくさん泊まりに行ったものです。

でも、一番上の姉が結婚をしてからは、そういう機会もなくなり

家族で泊まりに行くことが無くなっていました。

なので、式の前日は本当に久し振りの家族水入らずのお泊まり会♪

とてものんびりと、楽しいひとときを過ごしました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

7時40分からホテルのビューティーサロンで準備を始めた私。

ヘアメイクを担当してくださった二人がとっても可愛い人たちで

そして面白くて、お話をしていると楽しくて仕方が無くて

今日が自分の結婚式だなんて 全く実感が湧かないままに準備をし、

実感が湧かないままに彼と顔を合わせ、

なんだか不思議な気分のままにホテルからカテドラルに移動しました。

ホテルのロビーで、正装をしたお義父さんとお義母さんに会い、ご挨拶をしたものの

「今日が本当に私たちの式当日なの?」

という感覚は消えませんでした。

本当に不思議な一日だったなぁ。

8051 まだ写真があまり無いのですが、

お義母さんにいただいた写真をチラッと。。。

カテドラルでは鼻水がタラーッと垂れてしまい

少し恥ずかしいことに。。。

それはまた後ほど。。。

| | コメント (4)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »